スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修復~200年前の鏡(やれば!できる★編)

このごろ、こつこつと生活-質向上のため内職しておりました。

少し前に、アンティーク椅子を購入してみましたが
それと同時に
気になっていた鏡を、これまた考えて・・・考えて・・・
我が家に迎えることにしました。

これまた・・・200年もの年月を経過したもので
状態もよいのですが、やはりアンティーク・・・
ちょこっとのヒビや亀裂、欠けはありますが
色あせもなく、当時の雰囲気はそのままでした。
額装飾は、漆喰装飾なので、少しもろいので、配送時の注意はかかせないものの
残念ながら、我が家に届く際に、亀裂や欠けは避けられませんでした。
いろんな想いで我が家に届けられたので
責めてもなんだか悲しくなるだけなので
まずは、修復の準備です。
やっと、やる気を出したところです。
本当は、もっと前に直してあげたかったのですが
どうも・・向き合えなかったんです。壊れてしまったことに
少し気を落としてました。

いろいろアンティークショップの方に聞いても
欠けた部分を貼り付けて・・・・という簡単なことだったので・・・うーーむ?!
額屋さんの修復ということでも、美術品扱いの修復になってしまうので
シリコンで無い部分の型をつくり・・・なんたら、かんたら・・・
時間も金額的にも・・・問題だな~

もう、自分のものなので!
   できる限りは修復に挑戦です★
  20141015-1.jpg
  20141015-2.jpg

この欠けた部分をくっつけても・・・
漆喰の欠け部分は、白く線となり目だってしまう
黒を塗ればいいものでもなんさそうで・・・
なんだか雰囲気がよくない・・・四隅の角がほぼ欠けている(もともと欠けている部分も目だってしまう)
こうなったら・・・
漆喰・・・壁パテで無い部分を形つくり・・・・
しまい込んでいた道具を探し出し、粘土工作気分です。
  20141015-6.jpg
  20141015-7.jpg

余計な部分はメンディングテープで保護、
他へ汚れが飛ばないように養生します。
程よい硬さになった石膏パテを、もっては乾かし、削り・・・修正していきます。
それだけで、3日をかけてしまいました。裏側のヒビなどへも充填することにしました。
そんなことで、他にも欠けていた部分もあわせて修復しちゃうことにしました。

   20141015-3.jpg

さあ・・・どうなったかな?完成~  続きを。





色も単純ではありません。
黒もアッシュ系な埃っぽさがありますので
黒も自分なりに調合!

   20141015-5.jpg

うーーん!上出来。

   20141015-4.jpg

こんな感じで、いろんな欠けを仕上げていきました。
もちろん、完品にならないように
昔の修復跡は残しました。

うーーん。なかなかいい感じです。

やれば!できる!!!

なんだか気分も向上中~
いよいよ、壁に設置します。
これまた、DIY仕事ですね。壁芯を探して固定します。
もう一息。壁の仕上げもどうしようかな~などと楽しめてきましたよ。
このところ、やる気!でてきました~
続くかな?(笑)

ただ、私も。やれば出来ることを少し思い出した些細な出来事でした。



スポンサーサイト
~月と一緒に過ごしましょう~
メールフォーム
何かありましたら、こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
ブログリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。