スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイソン-大損?

有名なダイソンの 最近の宣伝効果は

私に、ビックリなことを気づかせてしまいました。

多くの方もそうかもしれません。


「某布団クリーナーとダイソン製品を比較した宣伝」
を目にした瞬間。

いろいろ調べてみたくなりました。

布団掃除機もいいね~そろそろ買う?なんて
なんとなく最近、頭の片隅にあったんです。

それを、一発で打ち壊してくれちゃって・・・

買わなくていいんだ!ということになりました。

皆も何か、感じましたか?

布団掃除機を引っ張り出して
吸引力が凄いから
どっちがいい?なんて問いかけてるわけですが・・・
(、この一つで使い方もできるんだよといいたかったのでしょう。)

それなのに・・頑張った結果が宣伝の状況。あたりまえ?!だよね。

勝手に布団は、布団掃除機じゃないと?
いけないのかも??と思わせていた様々な要因
布団掃除機、専用である必要がないっ~?

なーーるほど、ここで固定観念が外れました。

確かに普通の掃除機にオプションがあり 布団用ヘッドなどがあるのですが
我が家には既にあったのですが、ほったらかしになってました。
(布団なんか掃除機なんてかけるの~ちゃんと出来るの~?)
この布団掃除機ブームで、布団に掃除機をかけたい衝動がでてきて
(布団を干すと言う行為自体が見直されている時代になってきましたので)
あっ!思い出してごそごそ出してきてみたのですが・・・

布団用ヘッドじゃなくても
挑戦してみちゃえ~

通常ヘッドを掃除して、消毒アルコールなんかを
気分転換に振りかけて!いざ!!スタート
確かに、スムーズに進むわけはありません
生地をの足やなどで押さえ込んでの作業ではあります。
ただ、やってみるとそんなに難しくありません
これも、思い込み。
自分のコツを見付けてみるといいかも

しかし、なんで、てこずりながら
ここで布団専用掃除機を使わないのか?ということ
ダイソンは、布団専用掃除機は吸引力が既に足りてないと
いうのだから・・・布団掃除機では比較できない

で・・・・

掛け布団(羽)を裏表ユックリと掃除機をかけてみました。

結果!この有様~きゃーーー
これ、ふわふわしてません。
圧縮されてるので、わりに硬い状態です。
だから、いっぱいなチリ、埃が存在していたんです~(怖)
  2015-0111-5.jpg

 
  
(見てるだけで・・鼻がむずむずしちゃう)

じゃ・・・ダイソンじゃなくちゃ、もっと!!とれないの?
そんなことありませんよ。

「吸引力」なら負けてない日本メーカ機種はいっぱいあります。

私の結果は、布団掃除機をかけるということは、20分ぐらい(充電使用時間)では終わりません。
何かしら他の掃除も増えますので
しっかり布団掃除をしたい人には充電式は不向きだと思います。
コードレスではない掃除機で掃除することをお奨めします。(布団ヘッドを使用してもいいですよね)

是非、みんなもやってみて~
ペット飼いのみなさんは、やはりペットからのチリの影響がありますから
豆に行ってみるといいでしょうね。お互いの健康を守るために有効ですもんね。

(考察ポイント)
ダイソンの吸引力(サイクロン式)・・・・変わらない(落ちない)と言っているだけで、吸引力が強いとは言ってません。(他国では誇大広告で取りしまわれてるとか?詳しくは下部、お奨めサイトにて)

我が家も、掃除機を新調しなくてはいけない時期にきまして
いろいろ検討しています。

音、操作、排気、収納、清潔、目的 もちろんお値段☆

ん~どれにしようっ~

やっぱり、自分の使い方 拘りってありますから
その人、その人の選ぶ基準って、面白いですよね。


掃除機を検討される方は、いろんな比較サイトを参考にしてみるといいですよ。
お奨めサイト
■初心者の掃除機選び・COM
http://dyson-twinbird.seesaa.net/


 続き・・・(仏画の進行状況報告)
 新年、

仏画に向かいました。
いよいよ、色入れの準備にかかりました~
その前の墨入れ(影の部分など)が、終わったところです。


DSC_1540.jpg

ぬあーーーっ。
横で薄墨を作ったら・・・ポチッ・・・・墨が飛びました。
数箇所救済不能~

「はい、しょうがありません。どうせ、思う色も塗れませんから、練習なんだから気にしないでやりましょう~」.
先生は、かる~くいなしてくれますが、
「さっ、、もう一枚下書きを書いときなさい。」

むむむっ。そりゃ、そーだ。
始めてで完璧にできる訳ないんですよね。


上部の色皿で、肌色を作っています。
胡粉(貝の粉)を混ぜ混ぜ、にかわを少々・・・
始めてのことだらけ・・・

この色も、混ぜて目で見た色というのも
乾いたときの色とは、全く印象が替わってしまうんです。

   やはり、ここは経験でしかありません。

でも、なんだか楽しい~♪
また、頑張っちゃお~

色がついてくると、わくわくしてきました。

また、次回~
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

~月と一緒に過ごしましょう~
メールフォーム
何かありましたら、こちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
ブログリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。